旅人ひとり

ひとり旅のノウハウを体験談で伝えるブログ

【旅の準備】202007大阪 情報収集と移動費調査

f:id:tabibitohitori:20200623143011j:plain
こんにちは。旅人ひとりのユウジです。

約1ヶ月後に大阪を旅行します。
気分を上げてくため、旅の準備について4週に分けて書きます。

メインのガイドブックは「まっぷる」で

国内旅行でも地図はとても大事。
旅行ガイドブックと言えば「るるぶ」と「まっぷる」が有名ですが、
私は「まっぷる」を推しています。

「るるぶ」は観光地のトレンド情報が充実していますが、
Kindle Unlimitedでは無料で読むことができるので、
購入するなら地図に強い「まっぷる」をおすすめします。

「まっぷる」で観光地の地理感覚を掴んだうえで、
仮の観光プランを組み立てていきます。
例えば、ガイドブックに載っているけど、
中心地から離れている場所は以下の2つが代表的です。



いずれも大阪環状線の外側であることに加え、
観光地の周りには飲食店などは充実していません。

伊丹空港を利用していない限り、
こちらへ足を運ぶとタイムロスが大きいので、
行きたいと思ったらプランニングが大事になります。

高速バスか新幹線か飛行機か

大阪は西日本の交通の要所。
東京からの大阪への移動手段は主に3つ存在します。


 ・高速バス
  一番安いが、最も時間がかかる。
 ・新幹線
  値段が安定していて、本数が多いので時間調整がきく。
 ・飛行機
  最も早く現地に着く。時期によっては新幹線よりも安い。


おすすめは新幹線または飛行機ですが、
関東で新幹線が停まる駅(東京、品川、新横浜)へのアクセスが
私の場合は微妙なので飛行機を利用します。

羽田~伊丹の往復航空券(ANA)を22,100円で購入。
東京~新大阪の新幹線が往復29,040円を考えると
お得な値段で購入できました。

ただ、スカイスキャナーで最安値表示される会社は
サポートが不親切であったりと問題がある場合もあります。

スカイスキャナーでは会社のクチコミ評価が表示されるので、
信用できる会社で航空券を購入するようにしましょう。

コロナ禍で意外な展開に?

新幹線よりも安い航空券を手に入れたものの、
フライト時間はあまり良いものではありませんでした。

 行き:羽田16時発
 帰り:伊丹14時発

ところが、ANAから思わぬお知らせが届きました。


 <ANAからお知らせ>
  行きと帰りの便は弊社都合で欠航となりました。
  直近のフライトで座席に空きがあれば、
  手数料無料で変更が可能です。


ということで、思わぬ形で安い値段そのままで
いい時間帯の航空券を手に入れることができました。

滅多に無いことだとは思いますが、
格安チケットが高額チケットになりました。
あとは台風などの気候条件で欠航にならないことを祈ります。


<現時点での概算費用のまとめ>
・航空券   :22,100円
・書籍代   :990円


次回は1週間後に宿泊先と観光プランについて書きます。