旅人ひとり

ひとり旅のノウハウを体験談で伝えるブログ

【旅の準備】202007大阪 荷造りとお土産候補

f:id:tabibitohitori:20200623143035j:plain
こんにちは。旅人ひとりのユウジです。

大阪の旅の準備。
今回は荷造りとお土産候補について書きます。

国内旅行はバックパック選別の機会

大阪の旅は飛行機で移動。
夏服はかさ張らないのでトートバッグでも大丈夫ですが、
新調したバックアップを使います。

国内旅行では登山リュックを利用していたのですが、
無駄に重いし、40Lの容量があるとは思えませんでした。

新調したバックパックは筒状に大開きするシンプルさに加えて、
重さが1kg未満というのに魅力を感じました。
雨カバーもセットで買ったので、使い勝手はよいはずです。


衣類は圧縮袋ではなく、こちらの商品を愛用しています。
圧縮袋は軽いのはいいのですが、
カチコチになった衣類は収まりが実に悪いです。

その点、圧縮バッグだと柔らかさを維持しながら
衣類を圧縮するので他の荷物を入れてても安定しておすすめです。


街歩きをする時はボディバッグと折りたたみトートバッグを使用。
基本的に両手が空いた状態で移動しますが、
お土産などで荷物が増えた場合は
折りたたみトートバッグを広げて手持ちできるようにしてます。

トレンド情報はRETRIPから

大阪自体が全国区ということもあって、
ご当地のお土産でパッと思いつくのは「551蓬莱」ぐらい。
昔から有名なお土産を購入するのもいいですが、
新しいトレンドのお土産を欲しい場合はRETRIPが役に立ちます。

RETRIPは誰でも旅行・観光・おでかけに関する
情報を投稿できるので、情報の鮮度が高いのが特徴です。


今年の1月に掲載された記事を参考に、
トレンドのお土産を購入したいと思います。

大阪は別地域のお土産も豊富

大阪名物ではありませんが、
大阪に行ったら買いたいお土産があります。

東海地方に近い関西圏の人は赤福を購入できますが、
関東は百貨店のイベントの時以外に購入する機会がありません。
京都へ行った時も八ツ橋ではなく赤福を買ったぐらいなので、
大阪でも赤福を買って帰ろうと思います。

こちらは今年になって新しくできたお買い物スポット。
日本だけでなく、海外の食品やレトルト品などを豊富に扱うなど、
旅好きには気になる場所です。
レアな日本酒、焼酎も取り扱っているようなので、
いろいろ物色したいと思います。


<現時点での概算費用のまとめ>
・航空券    :22,100円
・宿泊代(3泊4日):8,856円
・現地移動費(仮) :4,500円+α
・書籍代    :1,740円
・その他    :3,390円
ーーーーーーーーーーーーーーー
・合計     :40,586円


現地での飲食代、難波~大阪間の移動、入館料などが加わっても
6万円以内には収まりそうです。
ただ、コロナ禍で困っているお店も多いと思うので、
ケチケチしない観光を心がけます。

次回は7月23日(木)の夜にスマホからリアルタイム投稿します。