旅人ひとり

ひとり旅のノウハウを体験談で伝えるブログ

マイレージを貯める時代は終わった

f:id:tabibitohitori:20201012093843j:plain
こんにちは。旅人ひとりのユウジです。

航空券を安く手に入れる手段として有効なマイレージ。
でも、かつてほどの魅力はないと思います。

コロナ前の状況に戻るのは2024年?

新型コロナウイルスで海外へ行く機会が減りました。
観光以外では新規入国は再開されましたが、
観光についてはいままで通り制限されています。

コロナウイルスの影響でタイ国際航空が破産したり、
エアアジア・ジャパンが徹底を表明したりと、
世界中の航空会社が倒産、路線縮小をしています。

国際航空運送協会(IATA)の予測では、
コロナ以前の水準に戻るのは早くて2024年とのことですが、
今年の冬でさらにコロナが大流行してしまったら、
さらに後ろ倒しになるのは間違いないでしょう。

マイレージを貯めている人は増える一方

国際線の利用者が少なければ、
マイレージを消費してくれる人は減る。
さらにANAとJALはマイレージの期限延長をしているので、
マイレージが貯まっている人は増加する一方です。

国内線ですら特典航空券が取りにくいのに、
マイレージ保持者が減らない。
またANAやJALだけでなく、各アライアンスの航空会社が
倒産、路線縮小する可能性もゼロではありません。

使用できないマイレージを貯める意味はあるのでしょうか?
 

いまは別のポイントを貯めよう

私はトルコのイスタンブールへ行けるほど
ANAマイレージを貯めていました。

しかし、悪材料があまりにも多いので、
当面の間はマイレージを貯めるのをやめることにしました。

同時に交換率はよくありませんが、
ANAマイレージに交換しやすい楽天ポイントを貯めます。

ANAマイレージの交換条件に変更がなければ、
タイミングを見極めてからマイレージに交換。
マイレージの交換条件が悪くなったり、
ANAが倒産するようなことがあったら
楽天ポイントはホテル予約の代金として使います。


今回の記事が少しでも参考になるとうれしいです。