旅人ひとり

ひとり旅のノウハウを体験談で伝えるブログ

【手記】ひとり旅6回目:金沢 vol.3

f:id:tabibitohitori:20210207192049j:plain
こんにちは。旅人ひとりのユウジです。

ひとり旅の思い出を文章のみで記載します。
第6回は1泊2日の弾丸旅行をした金沢です。

手記の関連記事

写真付きの関連記事のリンクはこちら。

それでは関連記事にないことも含め書いていきます。

にし茶屋街は短すぎる!

 ひがし茶屋街からレンタサイクルを借り、にし茶屋街へ移動した。金沢にはバスもあるが、ひがし茶屋街からの路線は数も種類も少なくて不便だ。
 金沢城公園と兼六園は明日行くことにしているので、百万石通り~尾山神社前というルートでサイクリング。香林坊まで来ると、歴史的な感じはなくなり都会的な雰囲気になる。犀川(さいがわ)大橋を渡ってしばらくすると、にし茶屋街に到着した。要した時間20分くらいだったと思う。
 にし茶屋街は約100mと非常に短く、ひがし茶屋街と同じ感覚で行くとショックを受けるかもしれない。美しいことに違いはないのだが、ここで長時間過ごすのは至難の業。カフェを利用することも考えたが、ひがし茶屋街で金箔ソフトクリームを食べたばかりだ。長いは困難と判断し、写真を一枚だけ撮って移動した。

長町武家屋敷跡と香林坊に行ったけど・・・

 にし茶屋街までのサイクリングで少々疲れたのでバスを使うことにした。向かった先は長町武家屋敷跡。リンク先を見ると雰囲気のある光景だが、いざ現地に行ってみると退屈だった。着物の女性が歩いているなら別だが、観光したのが月曜日だったので誰もいない。
 このままホテルへ行こうかと思ったが、香林坊というところへ足を運んだ。ファッション、雑貨、レストランなどが集まるエリアだが、特別感のようなものはなかった。近くに21世紀美術館があるが、それも明日へのお楽しみとしている。

(あれ?プランニングしくじったかな???)

香林坊のスターバックスでコーヒーを飲みながらそう思ってしまった。いつもより苦味を口に残しながらホテルへ向かったのだった。


つづく。